『Toyonaka Art Connection』とはクリエイターと豊中市の繋がりを作り、
クリエイティブなまちづくりを推進するための活動です。
プロアマ問わず広く作品を募集し、
優れたデジタル作品を顕彰するとともに、鑑賞の機会を提供します。


今回募集する作品は、
①デジタルアニメーション ②イラスト ③写真(豊中で撮影したもの)の3点です。
詳しくは応募条件をご確認ください。


応募いただいた作品は7月24日(水)〜27日(土)に開催の
『第3回 Toyonaka Art Connection』にてサイネージとプロジェクターを用いて展示をします。
27日(土)に最終ノミネート作品の中から、最優秀賞などの各賞を発表します。

メタバースとよなかとは?

交通至便で住みやすいまち、大阪国際空港や服部緑地公園など、
人が降り立ち、集うまち豊中。


人々の出会い、語らいが、音楽を奏でるように響きあい、
このまちでたくさんの笑顔が生まれ、育まれています。
人と人とのふれあいやつながりは、いつの時代も豊中の魅力の源泉です。


豊中市は、仮想空間「メタバースとよなか」という
新たな場所でのつながりをはじめました。
ここではデジタルの最新技術に触れていただくとともに、
本市の新たな魅力を体験いただける空間として、活用してまいります。


「メタバースとよなか」で集い、つながり、
ともに豊中の新しい魅力をつくっていきませんか。



「メタバースとよなか」では、
今後「豊中ならでは」「豊中だから」をテーマに空間を活用し、
様々なコンテンツの充実を行っていきます。

メタバースとよなかのワールド紹介!

3つのワールドからなる「メタバースとよなか」は東の服部緑地から西の大阪国際空港までの東西軸を中心に豊中市をデジタル空間で楽しむことのできるワールドです。

西エリア

中央エリア

東エリア

デジタルアートの公募作品や、関連イベントでのICT講座で作られた作品の展示を行い、アートのまち豊中の魅力を全世界にPR!

作品3

作品1

作品2

ミニゲームや実写VRなどのエンタメ要素もあります。

ミニゲーム

VR

イベント情報

『メタバースとよなか』オープン記念イベント

日時
令和6年(2024年) 3月9日(土) 10時〜16時
場所
豊中市立文化芸術センター 1階展示室
「メタバースとよなか」体験

「メタバースとよなか」がついにオープンします!
VRゴーグル、タブレットを使ってメタバース豊中を楽しもう!

2023年度展覧会

昨年のイベントの様子

キーワードクエスト

リアルとメタバースを行き来して隠されたキーワードを集めて限定プレゼントをゲットしよう!

モーションキャプチャー体験

体を使ってキャラクターを動かそう!
ゲームやアニメなどで使われている技術をプロと一緒に体験!

カッコいい&可愛い動きのスペシャリスト
(株)活劇座のモーションアクター
古賀亘さん、細川桃仁さん参加!

古賀さん

細川さん

「モンスターハンター」シリーズ
「鉄拳」シリーズ
「アイドルマスター」シリーズ
「ファイナルファンタジー」シリーズ
「初音ミク Project DIVA」シリーズ
など750タイトル以上に参加

ICT講座 ※事前予約制
3DCGでマチカネくんを作ろう
デジタルぬり絵を楽しもう

タブレットを使って、立体(3DCG)のマチカネくんを 作成したりデジタルぬり絵を楽しもう!
完成した作品はのちにメタバースとよなかに展示される予定です。
きみの作品を世界に発信しよう!

1講座 50分程度(各回定員10名)

  • (第1回) 10:00~
  • (第2回) 11:00~
  • (第3回) 13:00~
  • (第4回) 14:00~
  • (第5回) 15:00~

募集期間 2024年2月28日~3月7日

2023年度セミナーの様子

昨年のイベントの様子

お絵かきひこうき

タブレットでひこうきのぬり絵をすると立体(3DCG)になって飛びたつ!

2023年度展覧会

昨年のイベントの様子

ゲーム体験
いろいろなゲームを楽しもう!
学生ブース
学生の作ったオリジナルゲームやアニメーションを楽しもう!
参加学校 : 大阪成蹊大学・大阪大学・HAL大阪

※内容は変更になる場合があります。

※ブースによって開始時間が遅れる場合があります。

アクセス
豊中市立文化芸術センター
561-0802 大阪府豊中市曽根東町3-7-2
阪急宝塚線「曽根」駅より東へ約300m 徒歩5分

問い合わせ先
豊中市 魅力文化創造課
TEL:06-6858-2503